2013年04月20日

崩壊の時


 幾百星霜・この大地に君臨して

  人の営みを時代の変容を眺めてきた山々

   ある日突然その身は崩れる

     麓の家屋もはえてた木々も巻き込んで

   何時からか亀裂は深い裂傷に

     弱って止んでた山々は

   ある日寿命と悟り自殺する・・・・・

     深層崩壊と呼ばれる・・・・・山々の破壊

        人の心の奥の襞・・・破壊・崩れぬように

     結界を張り巡らす・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・


posted by ルナ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

置いてきぼり


 道を挟んで向こう側には

   摩天楼がならんでる


   春の陽のお情けは沈むに間を持たせ


    ビル群の谷間にはうっすらの闇が影が溜る

  虚構の影か闇からも放り出された男は女は

     行き場も帰り場も見失い・・何処にも行けない男は女は

   酔えない缶ビ−ル仰いで・・戻れぬ儚い夢に酔う

     憎悪の牙も抜かれた男と女は闇に呑まれて何処に行く_

____________:***:
posted by ルナ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

初物


 未だ土の香の残る竹のことフキをもらった・

   タケノコの皮は厚顔無恥な男の女の虚飾のように厚い

  ツルツルとこの手、指で剥いでいくたび快感がはしる・

     おや、まあ・この辺りで剥ぎ取ることは止めましょう

   フキの皮は、薄い見栄っぱり・

     両方ともにアクがある・お米のとぎ汁で最後のミソギ

        (米ぬかが見当たらず)

   結構な虚飾も見栄も溶け落ちて・・後は上手に味つけて・・

      旬の一品・・・・・

__________

    _______________
posted by ルナ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。