2012年08月14日

寄稿「遠雷」

寄稿

遠雷
立秋も過ぎ、あの猛暑を忘れさせられたかのごとく、今雨の音をバックに、鈴虫の声に聞き入っている。
この夏の宵はいろいろな音を奏でてくれるようだ。
今度はこの闇に、遠雷が数度、かすかに響いてくる。
そしてなぜか1度だけ、
窓から見える闇の中に浮き出た数本の木立が、
まるで盆に帰ってきた霊たちのようにも見えた気もした。
しかし、今日の主人公君はバックの音に負けじと、今もしきりに奏でている。

そういえば、夕方の天気予報で、大雨になるかも知れないと言っていた。
あすはお盆で休みだし、この雨で木達に水をかけずに済みそうだ。

こんなに遅くまで、ぜいたくな時を過ごしてしまった。
あすの朝は少しゆっくり出来そうだ。

     by piants

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ



posted by ルナ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。