2013年04月20日

崩壊の時


 幾百星霜・この大地に君臨して

  人の営みを時代の変容を眺めてきた山々

   ある日突然その身は崩れる

     麓の家屋もはえてた木々も巻き込んで

   何時からか亀裂は深い裂傷に

     弱って止んでた山々は

   ある日寿命と悟り自殺する・・・・・

     深層崩壊と呼ばれる・・・・・山々の破壊

        人の心の奥の襞・・・破壊・崩れぬように

     結界を張り巡らす・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・


posted by ルナ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。