2013年01月11日

千切れる雲

 北風に追いやられては
 
 千切れる雲に

 弱い光線の真冬の陽は

 つかの間だけの命

 悪魔的に残酷な真冬の風

 翻弄される小さな何の防寒具もない

 さらけ出された僕の耳

 寒さは痛いもの・・・

 バス停までは我慢して

 散髪帰りの千切れ雲


posted by ルナ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。