2013年01月21日

地の果て


 カスバの女という歌がある

 今から58年前に創られたこの歌は

 その後多くの歌い手によって歌い継がれている

 いつの間にかこの歌詩からアルジェリアという異国を覚え

 外人部隊を知り異国情緒は焼き付いて
   憧れもした。
 おとなの男と女の悲恋-最果ての地での悲恋-
   
 恋に恋する年頃はそんな悲恋に焦れた異国の情景

***アルジェリア2013年1月***

 聖戦の名のもと戦は止まぬ憎悪の連鎖

 無法ははびこり恐怖で人を支配する

 果ての無い闘いに何一つ罪なき人々の

 犠牲は聖戦と呼んで殺戮にはしる罪人の

 重い十字架となる時*戦の終わりが来ることを

   *いまのアルジェリア*


posted by ルナ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

冬のエフェメラ


 蜻蛉(かげろう)の

 儚すぎる。。つかの間の命に

  次の命は連鎖され。。。

 儚すぎるその生涯に魅了されるのか

  完全制覇のその一生に圧倒されるのか

 新聞記事にセツブンソウが咲いた写真がのっていた

  短命植物・・・エフェメラルプラント

 ひと時の夢をカゲロウに花に人は酔う

  
posted by ルナ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

プラットホ−ム


 薄情者ね・・時の急流・・
  別れたばかりの愛しいあなた
 楽しい時は僅かばかり
  凍えそうなホ−ムに立って
   列車を待ってるわたし
 
 粉雪舞ってる暗い線路
  遅れている列車の到着
 
 境界線のこちら側
       身を翻したらあなたのもとに
     今一度帰れるかもの甘い未練

  過ぎた想いは置き去りにして・・
   雪すら溶けそうな、熱情を御供に
 やがて列車はやってくる

   
posted by ルナ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。