2012年08月31日

ジャカランダ


お月様、齢14.5

樹を植えるということは
神様の仕事だと、昔聞きました・・・

ジャカランダ というアフリカ産の樹
世界の三大花木の一本
巨大な高さになるもよう
やがて、薄紫の見事な花をたわわにつけるそう

巨木になる前の一メートルほどの ジャカランダをもらった
ひと月ほど前の事
ほとんど枯れ木状態で あわれな姿だった

今宵、この満月の夕べ
早くにあがったお月様の下で
細い枝に 新しい葉がついているのを見つけた

よかった・・・

花つきが悪いとも聞いた
だけど、次は花が咲いてくれるのを楽しみに待つ

満月の夕べ

樹を植えるということは 、地上の ただの人間の 行為です。・・・



拙い心の私の部屋に訪れてくださる方々、
ありがとう
ポチして下さると、もっとありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ


posted by ルナ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

魔法の粉


砂で描くマンダラ

幾人かの雲水達が
幾日も幾日もかけて
一つの作品を砂で創っていく

赤 青 黄 紫 緑
色とりどりの砂たち
まるで魔法の粉のよう

夜も徹してのマンダラ創り
月満ちてやがて完成した狭間
心血注いで創ったものを
法師はさらっと壊す

それが凄い
消滅した絵は魔法にかかったみたい

終焉は始まりにすぎぬと
白になったキャンバスを
無に戻ったキャンバスを

静かに見つめる雲水たち・・・




拙い心の私の部屋に訪れてくださる方々、
ありがとう
ポチして下さると、もっとありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
posted by ルナ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

凝縮された時に・・・


出逢った刹那、
自分の直感だけ・・・

頼りになるのは、
自分の本能だけ・・・

頼れるものは、
愛を感じたら全てを賭ける。

たとえそれが
ハズレだとしても、それはそれで
構わない。

私がその人のすべてを
信じたのだから。
私自身も、信じたのだから。

裏切る
裏切られるとは、無縁・・・

先に在るものが、
破滅だろうが
それはそれで構わない。

人の出会いに
必要な事は、
時の長さではなく
時の深さ、時の濃さだと

教えてくれた男性(ひと)がいる・・・




拙い心の私の部屋に訪れてくださる方々、
ありがとう
ポチして下さると、もっとありがとう
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
posted by ルナ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
詩・ポエム ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。